スマートフォンと様々な機種の歴史!

当時の代表機種

スマートフォンの代表機種として一時代を築き上げたBlackBerry。こちらを開発したRIM社は、1984年にカナダのウォータールー大学のMike Lazaridis氏と同大学の学生だったDouglas Fregin氏によって設立されました。当初RIM社はワイヤレスパケット通信技術の「Mobitex技術」に関連した開発を行っていました。そして、1988年には世界で2番目のMobitexネットワーク製品企業となったのです。

1992年にはPOSソリューションをMobitexを利用することを発表して、Mobitexを利用するデータ端末の開発を2000年代初頭までRIM社は開発していました。低速なデータ転送技術として知られているMobitexDESUGA、無線ネットワークとして常時利用できる世界初のものと言われており、信頼性の高さがメリットとなっています。

このMobitexが一般開放されt 1996年にはポケベル機能を備えた「Inter@ctive」を発表し、同端末においてプッシュ型のEメールサービスをリリースします。これによってテキストベースのコミュニケーションを取れるようになったのです。さらに1998年には液晶画面とキーボードを兼ね備えた「RIM 950 Wireless Handheld」を発表します。このデザインが後々続くデザインのスタイルとなって継承されていくのです。